はろ日和


宝塚大好き!人生の岐路を迎えてまだまだ悩みは尽きません。
by haro-kiri
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「ゲキ×シネ 薔薇とサムライ」観てきました!!

7月9日・10日と家族で羊蹄登山を予定していたのですが、

体力的に無理!と思いキャンセル。

部活でやはり不参加の次女を伴って、

10日に、念願の「ゲキ×シネ 薔薇とサムライ」を観てまいりました。

c0075221_1016517.jpg


ゲキ×シネというのは、劇団新感線の舞台を映像化した映画のことです。

前回、「蛮幽記」を観たのですが、これは堺雅人さんがお目当てでした。

劇団新感線のスピード感あふれる舞台に魅了されて、

今回は堺さん出てませんが、ず~~っと楽しみにしていました。

主演は古田新太&天海祐希、そして山本太郎に神田沙也加、

浦井健治(まだそれほど有名ではないですが、実に美声の好青年です!)他


新感線の舞台は、ここでいくら言葉を並べてもその良さを伝える自信は

100%、ありません!!!


とにかく観なくちゃわからない。

あのスピード感、高揚感、たたみかけるようなストーリー展開、

随所にちりばめられたギャグの数々・・・

舞台のお芝居が好きな次女は、

きっと期待していなかったんだろうけど、

「面白かった~~~!!」

と、大興奮。

今回、仕事が忙しかったり体調が悪くてスケジュールが合わず、

「もしかして行けないかも・・・」とガッカリしていたのですが、

公開時間(公開当初は14時半~、途中から18:50~にかわり、今回は11:50~)

にも恵まれて、大満足の鑑賞となりました。

普通の映画より高くて一人2500円でしたが、舞台をみることを思えば安い物。

でも、本物の舞台が観たくなりました。

古田新太の存在感、天海祐希のカッコ良さ、美しさが際立っていました。

特に天海祐希は海賊、女王、軍服・・・と、宝塚時代を彷彿とさせるコスプレは、

ファンでなくても感涙ものでした。

歌も上手くて、踊りも上手。足が長くて肌もキレイ。

おトクで、ワクワクで、ゾクゾクするような3時間は、あっという間でした。

客の入りもまあまあ良かったので、またやって欲しいです!!

お芝居好きの方は、機会があったら是非観てください!!
[PR]
# by haro-kiri | 2011-07-11 10:18 | 芝居

ハイパー律儀なISSA

昨日のことです。

仕事が終わってすぐ家に電話を入れました。

子どもの誰かに、トライのトイレをお願いしたかったのですが、

「お兄ちゃんが今行ってる」

とのポポの言葉にホッ(*^_^*)

家に戻ると、トライがゲージに入っていて、ISSAがいません。

まだ明るいので、

「ツタヤにでも行ったかな?」

程度に思ってすぐに夕飯の支度にかかりました。

ほどなくして、ISSAが帰宅。ハアハアと息を切らしています。

何があったか聞いた所・・・

外に出るとき、ウンチ用の袋を1枚しか持って行かなかったのに、

トライは2回してしまったのです。

2回目は仕方ないのでそのままにして家に戻り、

袋を持って自転車に乗って急いで取りに行ったのです。

当たり前のことではありますが、

人によってはそのまま放置してしまうこともあるのでは?

ISSAの律儀さに、感動しました。




ちなみに、ISSAは犬のウンチを放置したのが警察にばれると

逮捕されると思ったらしいです(笑)
[PR]
# by haro-kiri | 2011-06-11 21:19 | 自閉症

「ブラック・スワン」と「ダンシング・チャップリン」

一週間前になりますが・・・

ちょうどレディースデーと仕事のお休みが重なったので、

映画を観て来ました。

「ブラックスワン」と「ダンシング・チャップリン」

せっかくだからハシゴしようと、欲張ってしまったのでした。

特にバレエが好きという訳ではなかったのですが、

上映時間も丁度良かったのでした。

最初に朝一で「ブラックスワン」

人気作品なので、前日にネットで席を予約してネット決済。

映画館に行くと、チケット売り場は長蛇の列。

それを尻目に、閑散とした発券機にてあっという間の手続き。ウフフ^m^

「ブラックスワン」のテーマは『自立』

・・・かなあ?

色んな要素が絡み合って、オマケにブラックな表現もあったので、

何が一番言いたかったのかちょっと散漫になった印象も。

自立も、過干渉な母からの自立なのか、

ストイックなバレリーナが身も心も「女性」になるという意味での自立なのか?

それでも、久々のハリウッド映画は面白かったです。

踊りのシーンのカメラがクルクル回って、めまいがしそうでした。

ナタリー・ポートマンはキレイだったし、

女たらしの監督もライバル役の女優さんも嵌っていました。

でも、やっぱり見終わったあと、心に突き刺さるものがないような気がするなあ・・・

ハリウッド映画への偏見でしょうかね。


そして、昼食後はシアターキノに移動して、「ダンシング・チャップリン」

~某サイトからの、映画情報によりますと・・・~

20世紀を代表する“喜劇王”チャールズ・チャップリン。

彼が残した数々の名作を仏の巨匠振付家ローラン・プティがバレエ化した

「ダンシング・チャップリン」を周防正行が映画化。

映画化までの過程を追う<第一幕>と、

全20演目を13演目に絞って映像に収めた<第二幕>の2部構成で描いた斬新なバレエ映画。

・・・ということでした。



こちらは、きっといい映画だったのでしょう。

評価も高いので、きっと素晴らしい映画だったのでしょう。

悪いのは、私です。

もう若くないので、1日に2本の映画を観る体力がなかったのです、きっと。

おまけに昼食後だったのがいけないのです。

・・・後半のバレエのシーンはほとんど熟睡状態。

後半が始まり、美しい音楽が流れ、やはり美しい映像を観ているうちに気持ちよ~くなってゆくのです。

何度も目が覚めるのですが、また眠ってしまうのです。

う~ん、自分の体力を過信した私の負けでした。

ただ、バレエのシーン、一応最初はちゃんと見ていたのですが、

何で真っ黒の背景の前で、黒い服を着て踊るのだろうかとか、

パタパタ振っている手の残像が見えて気になるとか

そういうことがありました。

たぶん、観る人を選ぶ映画なのだと思います。

普段バレエを見ないような私のような人間が、

観てはいけない映画だったのだと思います。

「ショパン」観た方が良かったかなあ、なんて思ったりしました。

次回映画館に行くのはたぶん、劇団新感線の「ゲキ×シネ」です。

『薔薇とサムライ』こちらは超期待してます!!!!
[PR]
# by haro-kiri | 2011-06-09 22:01 | 瑣末な出来事

G・Wとポポの夢

新学期が始まって、慌しく毎日が過ぎていきます。

GWは、ほとんど骨休めに費やしました。

子どもたちはそれぞれ部活や趣味に忙しく、

親が構わなくてもそれぞれの世界を持ったことに、

嬉しさを感じます。

ただ、末っ子のポポはGWほとんど部活が休みで

(当たり前ですね~、先生だって休みたいよね)

「暇だ~~~!」

そこで母は思い付きで提案。

「お芝居でも観に行こうか?」

札幌にはアマチュアやセミプロの劇団がた~~くさんあるので、

どっかで何かやってるだろうと、早速検索。

こんな時に便利なのが「札幌演劇NAVI」というサイト。

毎日、札幌市内で公開中のあらゆる演劇を紹介しています。

ところが、こんな時に限ってあまり公演がないのでした。

GWは完売の「ライオンキング」を除けば、

ありゃりゃ、劇団員さんたちもGWなのかしらと思うような有様。

それでも見つけたのが

劇団平成商品」の

「桜田真希(16)の場合。」という芝居。

現代版、「オズの魔法使い」。

丁度、去年ポポが教育大の学生に芝居の指導をしてもらった時のメンバーが

出演していたこともあり、

親子チケットが2000円と格安なこともあり、

5月5日の夜に観に行ったのでした。

2時間あまりの公演は、あっという間。

突っ込み所は多々ありますが、若さあふれる舞台。

なかなかに、楽しめる内容でした。

何より、客席が密接した小劇場。

役者の息遣いも聞えてくるような至近距離で舞台を見たポポは大興奮。

春に入部した演劇部でも、日々の活動を鼻息も荒く教えてくれるポポ。

いつか大きな舞台に立ちたいという夢がまた大きくなったのかな。

中学の教室の自己紹介用紙には

『将来の夢・・・舞台女優』

そう書かれてありました。



ふと、昔父に言われた言葉を苦々しく思い出します。

「自分の好きなことを仕事にする人なんて、千人に一人いるかいないかなんだ」
(だから、そんな夢を追うことはあきらめなさい)

親とは、子どもにとって一番正しいと思うことを言う。それが親の愛情。

と、植えつけられていた私は、親の言葉を信じて夢に挑戦することもあきらめてしまった。

親の言葉であきらめる程度の情熱なら、目指したとしても挫折していただろう・・・

そう言われたら返す言葉もないけれど、

ほんの少し背中を押されただけで変わっていた人生だって

あるのではないかと思います。



私は、子どもの背中を少しだけ押してあげる親になりたい。
[PR]
# by haro-kiri | 2011-05-13 10:47 | 子育て

引き受けてしまった

息子が合格した高等養護の



















PTA会長


を、引き受けてしまいました。


…どうなることやら



とりあえず、入学式は11日(月)



(~_~;)
[PR]
# by haro-kiri | 2011-04-08 18:28 | 子育て

雑感

水が汚染されているというニュース。

ある所では、乳幼児のいる家庭を優先して、水を販売しているとのこと。

確かに、それは正しいのだろうけど…

何歳までが「買える月齢」なのだろうかと考えてしまった。



『もう乳幼児ではないけれど、まだ小さい子どものいる家庭』

のお母さんの気持ちを考えてしまう。

「よその赤ちゃんを優先するので、あなたの小学生の子どもは被爆しても仕方ないです」

などと言われているようなものだろう。

親の、子どもを思う気持ちはみな同じなのに。

たった数ヶ月の違いで線引きされる現実があるのだろう。

乳幼児やお年寄り…弱い者が優先されるのは道理として理解できる。

でも、やりきれない。


想定外の大災害というけれど、

しようと思えば想定は出来たのではなかったのか。

あえて、想定しなかったのではないかと思ってしまう。

怒りをぶつけるべき相手は、

あまりにも他人事のような顔でテレビに映し出されている。

住民の憤りは、

いかばかりかと思う。


自分に何ができるのか、

想像もつかない。

今はポロポロと、適正なのかもわからない金額の義援金なるものを

差し出すしかできない私だけれど、

せめてこの事態から、目を背けないでいようと思う。



それにしても、目の前のわが子を守りきれない親たちは、

どれほどの苦しみなのだろう。

目に見えず、味も匂いもしないそのモンスターに、

怒りを著す言葉が見つからない。
[PR]
# by haro-kiri | 2011-03-28 22:46 | 子育て

たまの映画を観に行く

最近、観たい映画があってもなかなか予定が立たずに断念することがあります。
でも、そんな中で、何かに付き動かされるように矢もたてもたまらず行ってしまう映画があります。

20日、蠍座で「たまの映画」を観てきました。
サザエさんに出てくるネコではありません。
昔「イカすバンド天国」という番組でキングになりプロデビューしたバンドの「たま」です。
「さよなら人類」という曲がヒットしたのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。

私は、たまたまイカ天で何度目かのチャンピオンの時に見ました。
「ロシヤのパン」という曲を演奏していました。
最初のワンフレーズを聴いた瞬間、
「ああ、この人たちはいつか一世を風靡するだろう」
と思ったのを憶えています。

その彼らの、最近のドキュメンタリーでした。
映画が始まった時、思いました。
「私は一体何がみたいのだろう。
同じ国の同胞が災害にあってるこんな時に。
ISSAとポポのダブル卒業で忙しい、こんな時に。
CDも持ってない、昔ちょっと気になった程度のバンドのドキュメンタリー映画に、
どうして来てしまったんだろう」

2003年に解散してからは、ソロ活動が中心の彼ら。
でも、石川さんは石川さんのままだったし、
知久さんは知久さんのままだった。
滝本さんは、ちょっと変わっていたけど、
彼らはずっと「たま」のままだった。
欲がなく、自分の好きな音楽が出来て、そこそこの生活が出来ればそれでいいと言っていた。
3人とも、幸せそうだった。
あまりに天才すぎて、世の中に認められるやいなや、あっという間に姿を消してしまったけれど、
あの日感じた私の直感は、本物でした。
そうか、私はそれを確かめたくて来てしまったんだ。
そして、たまがず~~っとたまであり続けたことを、喜ぶためにここに来たのだと思いました。

なんだかよくわからないけど、幸せな気持ちで家に帰りました。
[PR]
# by haro-kiri | 2011-03-22 22:27 | 音楽

思い出は、大事か?

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

年末年始は、夫の実家に行っていました。

札幌に帰ると、それほど雪が降っておらず、

除雪も必要がなかったのでホッとしていた3が日の最終日。

ところが・・・

その後毎日のように雪が降り、今じゃ私の身長をゆうに越しております。

そんなこんなで大変な日常ではありますが、

なんですか、だんだん年を重ねるごとに月日の経つのも早く感じる今日この頃。

「冬もあと2~3ヶ月で終わりだわねえ」

なんて、スキーの出来そうな自宅前を見ながら思うのでありました。

時間が経つのが早いということは、

裏を返せば一日の中でこなせる作業が減っているわけです。

以前、朗読の会でご一緒していた熟年のご婦人が

「若い頃の半分しか家事ができない」

と言っていたことが、実感としてわかるようになりました。

だから、というわけではないのですが

身辺をすっきりさせようと思い、

年末くらいから不用品を捨てるようになりました。

思い出の品というのは、開いて見ると様々な思い出が蘇って

「あ~やっぱり捨てられない」

と思うのですが、見なければそれなりに思い出さないものなので、

本当に必要なのかどうか・・・

だから、今後の生活で使わないと思ったものは、思い切って処分しています。

きっかけがないと思い出さない思い出というのは、本当に大事なものなのか?

本当に大事なものだったら、今でも使っているのではないか?

そんなことを考えたわけです。



実は、きっかけは古い友人からの借金のお願いでした。

大晦日の31日、夫の実家に向かう車の中でメールを受信。

彼女には、2年ほど前にも小額ですがお金を貸しました。

そのときは、十年ぶり位に会ったのでした。

そして今回、再婚したという彼女の新しい苗字さえ知らないまま、

借金の申し出をされたのでした。

しかも、貸して欲しい金額は書いてありませんでした。

新しいご主人や実家にも頼れないのだとか・・・

夫に話すと

「戻ってこない前提で、それでもいいと思う額を貸してあげたら?」

と言われました。

でも、年賀状だけの付き合いだった人に、あげるつもりで貸せる金額と考えると…

借金の理由とかその他もろもろ考慮して、

結局、お断りしました。

大事な友達ならば、思い出の中だけでなく

今でも付き合ってるはずだろうと思ったのです。

そんなわけで、まだまだ捨てるものが出てきそうです。

今年もよろしく、お付き合い下さい。
[PR]
# by haro-kiri | 2011-01-13 21:11 | 瑣末な出来事

役に立つヒト

ロフトで見つけて、一目ぼれ!!

買っちゃいました。

その名も「カップメン」

出来る仕事はただ一つ。

カップ麺が出来上がるまでじっとフタをおさえます。

その3分に命をかける男・・・!

まさに、そのために生まれてきた男!!


c0075221_9154864.jpg
c0075221_91674.jpg



ちなみに、出来上がる頃には青っぽく変身します。

変身はヒーローの基本だよね(*^^)v
[PR]
# by haro-kiri | 2010-12-28 09:18 | 瑣末な出来事

ロイズコンフェクトのパン

札幌のロイズコンフェクトと言えば、チョコレートの美味しい店として

全国区になっている。

嵐の二宮くんが主演した「拝啓、父上様」で、

女の子の買い物に付き合って山のように荷物を持たされたシーン、

一番上にはロイズの袋があったのを今でも憶えてる。

我が家にほど近い所には、大きな直営店がある。

パンの製造販売も盛んで、味しくて種類も豊富。

飲食コーナーもあるので、いつもにぎわっている。



先日、ロイズのチラシが入ってきた。

割引券がたくさんついていて、その中に

「プルマンブレッド 金曜日 半額
 
 通常価格266円 → 133円 (一人3斤まで)」

というのがあった。

先ほど、行ってみた。

店に到着したのが、開店時間を12,3分過ぎた頃だった。

お客さんもまばらで、

「楽勝(*^^)v」

と思ったのもつかの間、パン売り場だけが騒然としている。

陳列棚から少し奥の棚(一般客の入れないスペース)に、食パンが次々とならび、

なにやら伝票が貼り付けられている。

数人の店員さんが対応に追われ、

「焼き上がりは12時半で・・・」という声が聞えてきた。

確認しなかったけれど、例の半額パンは予約が殺到しているのだと思った。

午後から仕事だし、そこまでして買わなくていいや・・・と早々に店を後にした。

最近、美味しいものへの執着も薄れてきた。

とりあえず、明日の朝は残念ながらいつもの自家製パンということで。

家族に「ロイズのパン買うからね~」って言わなくて、

良かった・・・。



でも、チョコレートクロワッサンくらいは、買ってくれば良かったかな(^^ゞ

自分用に、1個(笑)
[PR]
# by haro-kiri | 2010-11-26 10:17 | 瑣末な出来事
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧